リアル感を創造するストーンテクスチャ


8am - 5pm / 月曜日~金曜日

 

ADD STONE ストーンテクスチャコーティングは、日本の気候と環境に適応します

  日本の寒暖差と地理的環境は、熱膨張と収縮に耐えることができる弾性のある壁材を必要とします。ADD STONEストーンテクスチャコーティングとストーンテクスチャウォールパネルは見た目の高級感だけではなく、 質感、色、柔軟性、汚れ防止、お手入れが簡単、その他の特性により、家の外観が美しいだけでなく、掃除、修理、メンテナンスのコスト節約にもなります。

 

日本の気候が建築材料に与える影響

  日本は亜熱帯から温帯の気候にあります。沖縄諸島を除いて、冬は雪が多く、夏の気温は高いです。たとえば、東京の夏は30度まで上がり、冬は0度以下に下がります。冬と夏の温度差は大きく異なり、建物の熱膨張と収縮は、住宅の表面材料にとって非常に大きな課題になります。 夏の台風と冬の凍結の影響は言うまでもありません。

 

札幌の冬は降雪が道路を埋め尽くします
札幌の冬は降雪が道路を埋め尽くします

 

東京の気象記録

京都の気象記録

札幌の気象記録

日本の10か所の気象記録

 

  建築材料は通常、対候性と耐水性に加え、柔軟性が求められます。ADD STONEの弾性コーティングは、ストーンテクスチャコーティングシステムに高い弾力性を与えます。 コーティングされたシステムとトップコーティングにより、ストーンテクスチャコーティングは雨に強くなります。

 

 

環太平洋地震帯の建築材料への影響

  日本と台湾は、環太平洋地域に位置しており、常に地震の脅威にさらされています。小規模な地震は災害を引き起こすことはありませんが、建物の表面に細かいひびを作る可能性があります。中規模および大地震の耐震および耐震地震に加えて、 災害に耐える能力に加えて、壁面材料の落下による損傷の問題を避けることも必要です。

地震発生後、建物の外には落下したタイルや化粧フィルムやシート等があちこちに見られます
地震発生後、建物の外には落下したタイルや化粧フィルムやシート等があちこちに見られます-中央通訊社 新聞画像

 

  ADD STONE ストーンテクスチャコーティングは、非常に弾性のあるコーティングシステムです。細かい亀裂を減らすだけでなく、雨などによる浸食から守り、建物の美しい外観を保ちます。 ADD STONEストーンテクスチャウォールパネルは、PPプラスチック製のウォールボード素材で、ウォールブラケットにネジ止めされており、安定して脱落しにくいスナップジョイント設計により、壁に伸縮自在に設置でき、脱落を防ぎます。 スラブやタイルの落下の問題も解消できます。

 

展示会場に設置されたADD STONEストーンテクスチャウォールパネル
展示会場に設置されたADD STONEストーンテクスチャウォールパネル

 

環太平洋地震帯(WiKi写真cc4.0)

環太平洋地震帯(WiKi写真cc4.0)
By Astroskiandhike - This file was derived from: Tectonic plates boundaries detailed-en.svg by Sting, CC BY-SA 4.0, Link

 

Pin It